恋泥棒

皆さん、こんにちは。

今回も映画ネタでブログを更新いたします。

映画は、その人の魅力や人生を、ギュッと凝縮してますので、名台詞が沢山ありますしマインドを解りやすく解説してくれます。


さて、今回は世紀の大泥棒"ルパン三世"を、観て来た"愛乃 泉"でございます。

皆さんも良くご存知の、モンキー・パンチ原作の漫画です。

1926731_944254335588135_8234576465042228676_n個々のキャラクターのブランディンクが、しっかりしており自ずと知れた大作品です。

作品の出来映えや内容に対する感想ですが、この手の作品は"オーシャンズ11"などジョージ・クルーニー作品に任せた方が
無難だという事ですが、ここでも学びが有り、やはりハリウッドは私が言うまでもなく、特化してるという事です。

そして"不二子ちゃん"に呼び出された"ルパン三世"は言うのです。

男女の出会いに「サプライズは付き物だろう。」

金庫を開ける時も「金庫も女性の心も、開くのではなく、開くようにしてあげるの」

流石です。

女心を知り尽くした台詞ですね。

 

今回ここで強く主張したい事は、今まで私が、こちらのブログで、常々言って来た事が、国民的大スターである"ルパン三世"も言っているという事です。

 

不二子ちゃんは、観客の想像の通りに終わる水戸黄門ばりに"絶対的にルパンの手には落ちない女性!"という設定にもかかわらず、ルパンは不二子ちゃんを追い続け、銭形警部はルパンを追い続ける。と言う、無限ループです。

この場合、不二子ちゃんがルパンと結ばれたり、またルパンが銭形警部に捕まったりすると、ルパン三世のストーリー自体が終わってしまいます。

ルパン側と観客側は、共依存の関係です。

だから年も取らないし、永遠のスーパースターなのです。

 

でも現実世界は、そうは行きません。

365日経てば1才年を取るのです。

では、"60点の君"が好きな女性を振り向かせたいなら、ルパンの様に騙されるのを覚悟で、意中の女性に接近して下さいませ。

漫画ではないので、現実世界騙され続けるのは、少々困りますが、高根の華に声を掛ける位なら、2~3回断られても問題無いですよね。

真摯に、サプライズ付きでお誘いし続ければ(ここが難しい所です)、大概の女性はお誘いに乗ってくれます。

 

ではどんなサプライズが良いのでしょう。

普通にお食事なんてつまらないですよね。

これはあくまでも例えばですが、私ならボジョレー・ヌーボーと美味しい食事、それとフラメンコを観ながらとか、臨場体験出来る場所に、お誘い致しますね。

食事だけではダメ。

ワインだけでもダメ。

フラメンコやカジノ体験が出来る等、
普通でないシチュエーションが大事です。

lgf01a201306241400

でも、どうせ断られるのだから、気楽に誘って下さいませ。

何回もお誘いしてるうちに、多分5~6回ですね。

女性の方が根負けします。

しかも、行動心理学に元付いた誘い方なら、絶対に口説き落とせます。

lgi01a201312080700

ねっ! 簡単でしょ?

この技を使えば3か月後には3割増しの男性になってること間違いなしです。

 

次回も、お得な情報満載で、お送り致しますね。

今回は以上です。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です