吊り橋効果

こんにちは。

先日は津田塾の学長の、島田先生のお話を聞く機会がありました。

島田先生は40代の時に、三井物産にお勤めになり、メキシコ政府に、196日間拉致られたご経験が有ります。

国を上げての、三井物産に対して大クレームです。

196日の間、精神を正常に保てたのは、本と趣味の俳句が有ったからだそうです。

その時間は現実逃避が出来、精神的な安定が保てたそうです。

さて話は変わりますが、今日も60点の君に、メッセージを送ります。

唐突ですが、脳は誤解します。

つり橋効果ってご存知でしょうか?

ここから落ちたら、絶対に助からないだろうなぁ~。って思う様な橋の上で、すれ違う男女は、恋愛に陥り易いのです。

本当は、恐怖で心臓がドキドキしてるのに、相手にときめいて居ると勘違いしてしまうのです。

脳は単純です。

その様に思い込むと、その様に感じて仕舞います。

要はイメージなのです。

夢を見ると言いますが、実は夢は瞳では見えていません。

脳の中のスクリイーンで、夢を見ます。

だから心臓がドキドキする様なシチュエーションにしてあげれば、高嶺の花でも手に入れる事が出来ます。

ね? 簡単でしょう?

次回は、具体例を紹介しながら、お話していきます。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です